2013年12月13日金曜日

Raspberry Pi 環境構築メモ

このエントリは私が Raspberry Pi (以下RasPi)のセットアップを行った際のメモです。

このメモ、手順は、
  • Raspberry Pi Type B を用いること
  • SD カードには Raspbian がインストール済みであること
を前提としています。
ありえない事とは思いますが、ここに書いてある手順を一般公開するWebアプリのプロダクションサーバーに適用しないでください。


ネットワーク設定(有線)

基本的にLANのコネクタにLANケーブルを差し込んで起動すればネットワークは正常に動作するはずです。
ただネットワークのデフォルトの設定は DHCP でIPアドレスを取得するため、起動のたびにIPアドレスが変わる可能性があります。そのたびに一々IPアドレスを確認するのは面倒なので、設定ファイルでIPアドレスを指定し、起動のたびにIPアドレスが変わらないようにします。

デフォルトの /etc/network/interfaces


IPアドレスを指定する例


デフォルトの interfaces 4行目末尾の dhcp を static に変更し、
address にはRasPiに与えるIPアドレス、 netmask にはネットワークマスク、 gateway にはルーターのIPアドレスを指定します。
変更を保存したら以下のコマンドでネットワークを再起動することで、変更が適用されます。

sudo /etc/init.d/networking restart

設定が変更されない場合は RasPi を再起動するといいかもしれません。(私の環境ではそうでした)


SSH サーバーの設定

私は RasPi にディスプレイやキーボードをつないで作業を行うのが苦痛なので SSH サーバーを起動し、普段使いの作業マシンから RasPi にアクセスしています。

SSH サーバーを起動させるために raspi-config を実行します。

$ sudo raspi-config

すると画面が次のような表示になります。



Advanced Options -> SSH -> Enable と選択すると、 SSH サーバーが起動します。
次回以降 RasPi を起動する際に SSH サーバーは自動的に起動します。


Apache Webサーバーのインストール

次のコマンドで Apache Webサーバーをインストールします。

$ sudo apt-get install apache2

途中、 E : Unable to fetch some archives, ... というエラーメッセージと共にインストールが失敗する場合があります。これはパッケージ情報が古くてダウンロードに失敗しているので、以下のコマンドでパッケージ情報を更新し、 再度上記コマンドでインストールを行います。

$ sudo apt-get update

インストールが完了すると自動的にWebサーバーが起動されるので、ブラウザのアドレスバーに RasPi のIPアドレスを入力すると以下のような画面が確認できます。


apache2 コマンドラインツール

/etc/init.d/apache2 はWebサーバーの起動・停止・状態確認を行うためのコマンドラインツールです。

# 状態確認
$ /etc/init.d/apache2 status

# 起動
$ sudo /etc/init.d/apache2 start

# 停止
$ sudo /etc/init.d/apache2 stop

デフォルトのドキュメントルート

Apache の設定ファイルは /etc/apache2 以下にインストールされます。
デフォルトの設定は /etc/apache2/site-available/default に記述されています。
この中を覗くと DocumentRoot /var/www という記述を見つけることができます。

PHP のインストール

PHP も上記2つと同様に apt-get でインストールします。

$ sudo apt-get install php5 php5-dev

これにより PHP の Apache モジュール(mod_php5)と、 コマンドラインインタフェース(php-cli)、 PHP 拡張をビルドする際に必要なヘッダファイルやツールがインストールされます。
PHP の動作を確認するために以下のファイルを /var/www/phpinfo.php として保存します。


ブラウザのアドレスバーに http://<RasPiのIPアドレス>/phpinfo.php と入力するとインストールされた php5(mod_php5) に関する情報が表示されます。




参考

このエントリはハードウェア初心者、Linux初心者の方にとっては十分な内容ではありません。(書いている私がそうですから)
私は Raspberry Pi を安全に扱うため、また、手っ取り早くやりたいことを実現するためにRaspberry Piユーザーガイドを参考に学習と実験を行なっています。
同書は Linux の導入、 Wi-Fi の設定、 Raspberry Pi のハードウェアとしての安全な扱い方などの基本的な内容から、ストリーミングサーバーの構築手順などの応用まで幅広い内容を扱っています。
是非同書を手に取ることをお勧めします。


0 件のコメント:

コメントを投稿